『一発逆転』通信

あなたの生活に豊かな彩を・・・ Jesus, You're the Center of my joy.

2012年04月

今日のかて 創世記 26:12-25

イサクはそこから移って、ほかの井戸を掘った。その井戸については争いがなかったので、その名をレホボテと呼んだ。そして彼は言った。「今や、主は私たちに広い所を与えて、私たちがこの地でふえるようにしてくださった。」
彼はそこからベエル・シェバに上った。
主はその夜、彼に現われて仰せられた。「わたしはあなたの父アブラハムの神である。恐れてはならない。わたしがあなたとともにいる。わたしはあなたを祝福し、あなたの子孫を増し加えよう。わたしのしもべアブラハムのゆえに。」
イサクはそこに祭壇を築き、主の御名によって祈った。彼はそこに天幕を張り、イサクのしもべらは、そこに井戸を掘った。
旧約聖書 創世記 26:22-25
(全文長いため略しました。創世記 26:12-25全体は聖書からご参照ください。)

イサクは穴を掘り続けました。
彼は、主が彼を祝福されるのを、周りの者に嫉まれて、自らの住む地を追われました。
父から受け継いだ土地、そしてそこにあった井戸を塞がれ、出て行ってくれと言われたのです。
迫害されても、人々から奪われても、彼は淡々と井戸を掘り続けました。
何度人々から退けられても決して逆らわず、争わずにただ淡々と、幾度も埋められてしまっていた父の井戸を再び掘っては奪われ、埋められ、その地を追われ、それでも井戸を掘り続け、やがては新たに井戸を掘り、ただひたすらにそれを繰り返して掘り続けたのです。自らの住む場所を得るために。(12-21節)
イスラエルの地においては水のないことは死活問題ですから、井戸を奪われることは私達が思うよりも深刻な問題なのに、彼は争い奪い取り返すことより、井戸を掘り続けました。
まるで何か見えない使命があるかのように。
しかし、その井戸を掘り続けたことは、意図を越えて気がつけば、新しい地を広げ得たということとなったのです。
父から受け継いだ地を、さらに広げ得たということが、いかに主の目には大きなことであったのでしょうか。
だからこそ、イサクは父から受け継いだ信仰と、その祝福を今やイサク自身のものとして、受け取ったのです。
主はこの時直接イサクに現れ、語られたのです。そしてイサクはこの時初めて自らの手で祭壇を建て主に礼拝をささげました。(22-25節)
彼はこのようにして、信仰を勝ち得、また主からの約束を勝ち得たのです。
一見するとこれは消極的な戦いに見えるかも知れません。確かに聖書にあるイスラエルの歩みの中には、新しい地を信仰により戦争をし、戦い取る姿が随所に描かれいます。そこからするなら、これは戦いを避けたゆえに、結果広げ得た地に見えるでしょうか。
いえいえ、このイサクの戦いは目に見える戦いではなく、まさに目に見えない霊的な(信仰の)戦いだったのです。
なぜなら、井戸こそ、命の泉。イエスキリストはご自身をそのような者として私達に語られているのですから。

《ヨハネの福音書 4:14》
しかし、わたしが与える水を飲む者はだれでも、決して渇くことがありません。わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠のいのちへの水がわき出ます。

その命の泉を掘り続けたイサクの姿は、まだ見ぬイエスキリストを信仰の目により、はるか未来に現れる救い主を仰ぎ見て、探し続ける姿ということができます。そして彼はそのことにより新しい地を得たのであり、神に直接お会いすることができたのです。その時神から語られた言葉は井戸を掘り続ける前の約束の言葉(創世記26:2-5)と変わりなく聞こえますが、彼には自らへの確かな約束として受け取れたでしょう。なぜならその信仰を自分のものとして確かに受け取ったからこそ、自ら祭壇を建て主に礼拝をささげる礼拝者となったのですから。
やがてさらに、ここで得た約束が元となり、後にイスラエルの民は新しい地を実際に戦い取ることとなるのです。つまり、イサクはイスラエル全体の勝利をここで一人静かに勝ち取ったとさえ言えるのです。
神の祝福と約束の中を歩む信仰者の歩みは、全く何もない平坦な道とは限りません。誰でも信仰における戦いはあるでしょう。
そしてその戦い方は一通りではありません。
主は何をあなたに勝ち得てほしいと願い、何をすることを望んでおられるのでしょうか。
それはあなたが問題や壁に行き当たる時、あなた自身が神に聞くしかありません。
しかし、一つだけ言えることは全てのことに神のご計画があり、あなたにとって必ず意味がある。主のみおもいが全てにあるということです。

《詩篇 139:16,17》
あなたの目は胎児の私を見られ、あなたの書物にすべてが、書きしるされました。私のために作られた日々が、しかも、その一日もないうちに。
神よ。あなたの御思いを知るのはなんとむずかしいことでしょう。その総計は、なんと多いことでしょう。

そこを歩むとき私達は見えない道程を、主に確かに導かれて、見えているかのように歩むことができるのです。主の導きの御手はどこへ向かって伸べられているでしょうか。共に祈りましょう。


愛する主よ。私達の日々の歩みは確かに目には見えず、不確かに見えるかも知れません。ましてや目の前に壁や問題が立ちはだかるならそれは尚更です。しかし、私達が見るのはその目の前にある現実ではなく、主よ、あなたの御心です。あなたの溢れる私に向けられている御心をどうかお語りください。何を望まれ、何を与え、どこに導こうとされているのでしょうか。見えないからこそ不安に怯えるのではなく。どうかあなたを信じ、真っ直ぐにあなただけを見て、ただ一筋に歩むための信仰を私達にお与えください。ただあなが私を愛してくださるがゆえに、ただあなたを愛するがゆえに。

今日のかて マタイ 26:29

ただ、言っておきます。 わたしの父の御国で、あなたがたと新しく飲むその日までは、わたしはもはや、ぶどうの実で造った物を飲むことはありません。」
新約聖書 マタイ 26:29

これは最後の晩餐の席で、主イエスが語られた一言です。ご自身の血で立てられる新しい契約の杯として、ぶどうの杯を弟子達に分かたれた時のものです。そして、ここには主の深い思いが込められています。
ぶどうの実で造った物をもう飲むことはないと言われたのは、旧約聖書にあるナジル人の誓願の規定に重なるものです。

《民数記 6:2-4》
「イスラエル人に告げて言え。男または女が主のものとして身を聖別するため特別な誓いをして、ナジル人の誓願を立てる場合、
ぶどう酒や強い酒を断たなければならない。ぶどう酒の酢や強い酒の酢を飲んではならない。ぶどう汁をいっさい飲んではならない。ぶどうの実の生のものも干したものも食べてはならない。
彼のナジル人としての聖別の期間には、ぶどうの木から生じるものはすべて、種も皮も食べてはならない。

ナジル人の誓願とは、特別に自分を神のものとしてささげ、聖別する誓願です。ここで主はご自身をそのように父なる神にささげました。この後文字通り十字架の上に、ご自身を、唯一父なる神を満足させる、完全なるささげ物としてささげられました。
ご自身を聖別し、同時にこの血で立てられる杯により私達を聖別するために。

《ヨハネ 17:17-19》
真理によって彼らを聖め別ってください。あなたのみことばは真理です。
あなたがわたしを世に遣わされたように、わたしも彼らを世に遣わしました。
わたしは、彼らのため、わたし自身を聖め別ちます。彼ら自身も真理によって聖め別たれるためです。

主は私達をどれほどの思いでこの地上に残し(遣わし)、天に帰られたことでしょう。そして、ご自身と共に私達を聖なるものとすることがどれほどの悲願であったでしょう。

《レビ記 19:2》
イスラエル人の全会衆 に告げて言え。あなたがたの神、主であるわたしが聖であるから、あなたがたも聖なる者とならなければならない。

主が「わたしの父の御国で、あなたがたと新しく飲むその日まで」と言われているのは、黙示録の最後に書かれている婚宴の時であり、この婚宴は花婿イエスキリストと花嫁である私達教会との結婚の時を指します。
その時まで、私達をご自身にふさわしいように、ご自身が聖であるように、聖としようとされたのです。
その日まで主はナジル人の誓願を続けられるというのです。
私達花嫁を迎えるため、ふさわしい花嫁とするため、主はご自身のすべてをささげ尽くして私達に備えを与え、ご自身と同じ姿にまで変えてくださろうと私達を引き上げてくださろうというのです。

《2コリント 3:16,17,18》
しかし、人が主に向くなら、そのおおいは取り除かれるのです。
主は御霊です。そして、主の御霊のあるところには自由があります。
私たちはみな、顔のおおいを取りのけられて、鏡のように主の栄光を反映させながら、栄光から栄光へと、主と同じかたちに姿を変えられて行きます。これはまさに、御霊なる 主の働きによるのです。

神の子イエスキリストと同じかたちにです。何と恐れ多いことでしょう。罪人でしかなかった私達を栄光から栄光へと鏡のように主の栄光を反映させながら、そのような姿に変えるというのです。主は私達をどれほど愛しておられるというのでしょう。
そのための誓願を主は、花嫁として私達を迎えるその日まで続けられるというのです。どれほどの思いがそこに込められているのでしょうか。
私達が聖餐を重ね、この杯を重ねる度に、主の聖なるものとして、栄光の似姿に変えられて行くことを心から望んで止みません。
主のこの深い思いを、あなたはどれほど受け止めていますか?


主よ。あなたには私がどのようなものとして映っているのでしょうか?この塵に過ぎない者をどれほど愛しているというのでしょうか?なぜそれほど私を愛してくださるのでしょうか?それをあなたに直接うかがえるその日まで、天でお会いできるその日まで、あなたの愛のままに、私をあなたにふさわしく変えてくださいますように。ただあなたの御前に私を置いてください。あなたの栄光を日々映すために。ただあなたを愛するために。

映画は3D

最近映画といえば3Dばかり。
さすがに昔の大ヒット作『タイタニック』までも、3Dに直して再上映には驚いた。
映画製作費の中で技術開発費をとっていると言って最新技術に特に力を入れているジェームズ・キャメロン監督ですから、どんな出来上がりになっていることでしょう。
で、3Dって
ダイオンキョウ ダイハクリョク デッカイスクリーン
で3D?

ドキドキするね♪
あっ!4Dになってる!

映し絵

0680884f.jpg水面(みなも)に映る桜
舞い散る花びら
どちらが鏡か 映し絵か
こぼれるため息
一風 水面を撫で
広がる波紋に
虚像は消え
浮かび上がる
真の桜の美しさ

この世は鏡か 映し絵か


《新約聖書 2コリント 4:18》
わたしたちは、見えるものにではなく、見えないものに目を注ぐ。見えるものは一時的であり、見えないものは永遠につづくのである。

シェアハウスへようこそ!

シェアハウスの流行はただのブームとは言い切れないでしょう。安い家賃で希望以上の所に住めるという意味合いから、生活に密着したコミュニケーションの場を持つライフスタイルに変わりつつあるようです。
これはかつて日本が独自文化として保っていた長屋生活の現代版。
日本の島国という特殊な風土が培った国民性、高度なコミュニケーション能力をベースにした、自然なライフスタイルのようにも感じます。
まさに温故知新。もしも、ここから新たな文化が生まれるような発展が生まれるところにまで至るなら、もしかするとこの国を再建する大きな力になるかも知れません。
あとは長屋に必要なのは、悪代官と遊び人の金さんでしょう。
世直しの日も近いことでしょう。
プロフィール
Taka♪

新橋駅前広場にて、人生の真実を叫び続ける伝道者、ストリートメッセンジャーのTaka♪です。
Taka♪Profile

ホームページ
『一発逆転』人生塾
http://119.go2.jp

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ