『一発逆転』通信

あなたの生活に豊かな彩を・・・ Jesus, You're the Center of my joy.

2011年12月

クリスマスキャロル

実は25日は密かにクリスマスムードの街角で、クリスマスキャロル&伝道をしていました。
さすがにクリスマス、イルミネーションで夜景がとてもきれいで、すっかり街は恋人達で一色でした。
しかし、今年我が国を襲った現実はあまりに重く、おおよそ来年1月には消えてしまうであろうこのイルミネーションの光は、ひととき人を幸せに思わせるものとなるかもしれないけれど、それはこれからの未来すべてを照らすほどの輝きはなく、やはりまことの光を知る者にとって、あまりに儚い光に見えたのでした。
そして、人に命を与える真の希望、いのちの光であるイエスキリスト、私たちの救い主を伝えざるを得ない気持ちで胸がいっぱいになったのでした。
こうして、毎年クリスマスはイエスキリストを伝える日、まことのクリスマスプレゼントを届ける日と考えていたので、今年はどうしようかとも考えていたのですが、無事志を共にできる仲間が集まり、ゲリラキャロリングを仕掛けることが
できた次第です。
このシーズンになれば誰にも馴染みのある降誕の賛美を皆で歌いながら、メッセージを語りながら、またのどあめ付きのトラクトを配りながら、おのおの主から与えれた思いに従って、しばし伝道の時を持ちました。あまりの寒さに頭がしびれる感じでしたからそれほど長くは伝道できないことはわかっていたのですが、それでも限られた時間に共に精いっぱいのことをしました。
この伝道の時を始終包む主のやさしく暖かい臨在に身を任せるのは、何とも心地よいものでした。私自身久々の路傍伝道に内側から何かリフレッシュするかのようで、たまらない喜びに胸を躍らせていました。
さすがに恋人中心の街並みにトラクトを手に取る人はさほどなかったのですが、多くの人が主の名を叫ぶメッセージに耳を傾け、なるほどこの希望の見えない闇深き今の時代に、多くの人々が何かを求めていることを実感できました。
やがてこの小さな種まきに主の偉大な御業があらわされることを心から期待して止みません。
最後に共に得も言われぬ満足感とともに感謝の祈りを捧げるまで、主は私達に何ともやさしく共に居て守ってくださっていたこと、言葉に尽くせぬ感謝でいっぱいです。
まだその余韻を味わいつつ、来年を迎えたいと思っています。

ちなみにさすがに寒さのための体力の消耗は隠せず、翌日はしばしの休息、その他諸々のイベント等により今年は未だクリスマスカードをお送りするのを失礼させていただいている次第。これから送ろうなんて、ちょっと遅いですかね。
でも、どうか大目に見てください。主に在って…。

《マタイの福音書 4:16》
暗黒の中に住んでいる民は大いなる光を見、死の地、死の陰に住んでいる人々に、光がのぼった。

またまた寒し

少し暖かくなったかと思えば、この寒さ。
今年は要注意です。
あまりの寒さに体が縮こまり始めています。
特にこの温度差は余計縮こまらせます。

おそらく自分的には1割減な大きさに、いやもしかすると2割減の大きさにまで小さくなっているのではないでしょうか。
危険ですね。
プロフィール
Taka♪

新橋駅前広場にて、人生の真実を叫び続ける伝道者、ストリートメッセンジャーのTaka♪です。
Taka♪Profile

ホームページ
『一発逆転』人生塾
http://119.go2.jp

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ