『一発逆転』通信

あなたの生活に豊かな彩を・・・ Jesus, You're the Center of my joy.

2008年10月

続けてお祈りください

ハレルヤ♪
全能なる方、主の御名を讃美します。
これまで私達家族のチャレンジを祈りお支えくださり、心から感謝いたします。
多くの皆様に励ましと慰めをいただき、またお力添えいただき本当にありがとうございます。
主にある兄弟姉妹の思いを主が一番ご存知でありますから、どうぞ、主がそれらのすべてのことに報いてくださり、百倍の祝福を注いでくださいますようにお祈り申し上げます。
その後もチャレンジ(詳細はhttp://jalive.jugem.jp/?eid=28とhttp://jalive.jugem.jp/?eid=31にて)は続いているのですが、連日祈り続ける中でひとつ気づいた大切なことがあり、メールをいたしました。
というのは、チャレンジについて神様の栄光が現されるよう、またそれらを妨げるものがすべて退けられるよう祈っていたのですが、それ以外に何かがこの件に関連しているような気がして、頭の片隅に大事なものが引っかかっているような感じがずっとしていました。そのことに薄々気づき始めたのは、このチャレンジのことを祈るときに、どうしても私の奥さんの家族のために祈るように語りかけられていたからです。実は私の奥さんの家族(母、弟含め義理の父、弟の彼女、祖母、大叔父、大叔母)は皆、クリスチャンではありません。というより頑なに神様の救いを長年受け入れない状態にあります。それはとても重要な祈りの課題ではあったのですが、このチャレンジとどのような関連があるのかは私には全くわからずにいました。
しかし、祈り進めていくうちに、このチャレンジの栄光が家族の救いにどうやら直結していることがわかってきたのです。もちろん神様からの視点というのはあまりに高く、私にはどのように直結しているのかまではわからないのですが…。ただ、言えることはこのチャレンジが始まってから、なぜか家族の救いに関して引き離し遠ざけるような妨げが顕著に現れるようになったのです。あたかも家族に救いの日が近づいているので、それを引き離すように妨げが入って来るようです。これまではそれをチャレンジとは別のこととして祈っていたのですが、祈るうちにこのチャレンジの解決と同時に家族全員が一体となって救い出される思いがどんどん強くなるのです。いやそれを別にしたら家族の救いを遠ざけるような思いにさえなります。あたかも家族のいのちとチャレンジとを一つにして死の力や悪魔と取り合っている、そんな感覚がヒシヒシと込み上げて来るのです。
このチャレンジに栄光が現わされることには多くの人々のいのちと救いが関連しているように思います。
どうかこのチャレンジの栄光とともに私達の家族の救い、そして多くの人々の救いをお祈りいただけると幸いです。

ただ主の栄光のみを求めます。

在主

チャレンジその後

ハレルヤ♪
お祈りありがとうございます。祈りに支えられつつ、その後経済的チャレンジも佳境に入って来ております。(詳しくはhttp://jalive.cscblog.jp/content/0000417752.html)
私自身は、どんなことにも神のまなざしが注がれており、小さな変化にも神のメッセージがいっぱい詰まっていることを知る毎日です。これはこのチャレンジに身を投じなければ知ることができなかったであろう重要な真理ばかりでした。(いずれメッセージなどの形で分かち合うことができればと思っていますが)このチャレンジがいかに重要なものであったのかをいやこれからの未来にもいかに重要なものとなって行くのかをヒシヒシと感じています。
ですから、チャレンジに関しては現実に目で見る分にはかなり厳しい状況にあるのですが、神の大いなる御業、神の御助けを、神の大いなる栄光を見ると日々語り続けられ、また確信を深めながら歩く中にいます。
しかし、困ったこともあって、このチャレンジが大詰めに入り、いよいよその日が間近に迫っているという思いが日毎に大きくなって来ているのですが、それとともにここ数日私たち家族に対するアタックが激しくなっていることを感じています。
神様はこれまでネヘミヤ記から、日々戦いが激しくなることを語られ、霊的に戦いながら、さらにこのチャレンジを進めて神の御業の完成まで投げ出さぬよう語られていましたが、まさに今その通りになっているように思えています。
先日も夜間運転中、突然人が車に突然飛び込んで来たり(どうも当たり屋のようなのですが、もちろんよけて無事でした)、突然車のバッテリーが何の前触れもなくあがってしまい、エンジンがかからなくなったり…。その後も車の調子が思わしくないのもあって、用心して運転していないのですが。
もちろんその他もトラブルやアタックは多数ですが、逆にこのように攻撃を受けることによって、これが本当に神様の栄光を間近に見ているということの確信を深めさせているのも事実です。
どうか、これら全ての攻撃や妨げから守られるようお祈りいただけると幸いです。
また全てを神様にのみより頼み全てを主から得るという、信仰を最高の希望として生きるこのチャレンジが、今後世界の経済の影響を受けて、生活の上で本当に困窮を極める多くの人々に、神こそが全ての与え主にして全てにおいて救い主であることを現す証しとなるように。つまり何よりも神様から与えられたこのチャレンジが神の御手によって神様が約束された御言葉のままに実現し、このことよって現された栄光を証しする時、ただ多くの人々が今生きて働かれる主が私たちの人生のあらゆる死の力をまとう問題に、その十字架と復活により、よみがえりを現してくださることを知り、その唇が主を誉めたたえることを願います。
この神をのぞいて善き方はなし、永遠に真実なる方を心から賛美しつつ、全ての祈りと願いを主の御前に捧げます。

感謝

今日のかて

《詩篇 57:7》
神よ。私の心はゆるぎません。私の心はゆるぎません。私は歌い、ほめ歌を歌いましょう。

あなたの心揺るがすことはなんでしょうか?
悩みでしょうか?問題でしょうか?悲しみでしょうか?
私たちが人であるとは、その内に心を持つ者であるということです。そして、私たちの人生は決して平坦ではないのですから、心を揺るがすことが全くないということはありません。
私たちは目にすること、耳で聞くことなど五感を通して、体から入ってくる情報で、心が動きます。また、自分の内側で考えたことなどでも、心は動かされます。ですから、それらが私たちにとって好ましいことである場合は良いのですが、好ましくないとき、それも自分の許容量を越えて著しくよくない場合などは私たちは苦しみや悲しみなどで、激しく心を揺るがされことになります。
もちろんそのままこの状態を放置するなら心は嵐にもまれる小船のようになり、荒ぶる波はあなたを襲い、いつでも私たちを水面に投げ出すでしょう。あなたもそんな経験はないでしょうか?
しかし、ここに私たちはこの心を繋ぎ止める錨(いかり)を持っています。信仰という名の錨です。私たちは人生の中でさまざまな場面で神と共に歩み、聖書を通して神がどのような方であるのかを知り、そしてその歩みの中でこの神がどのような方かを体験します。
神は絶対的な善なる方であって、私たちに悪いことを行う方では決してありません。神は愛なる方であって私たちを愛して止まない方です。神は義なる方であって私たちに約束されたことは何一つ違(たが)えられません。神は全知な方であって私たちには及ばないすべてのことを知り、そればかりか私たち自身のことを細部に至るまで全て知り尽くし、悩み苦しみ悲しみ刻一刻私たちの全ての心を知り尽くします。神は全能なる方であって神に不可能なことは何一つありません。そしてあなたの人生にその全能の力を現され、全てを栄光に変えられる方です。神は創造主であり、全てのものを全く何もない無から造り出された方、あなたの人生にも何もないところから、全てのものを新しく造り出すことのできる方です。神は…。あなたの神は…。私の神は…。
さあどうでしょうか?その神の素晴らしさは一点の曇りもありません。そして、このような神のご性質は変わることはなく、いや変えることができない方なのです。聖書の中でアブラハム・イサク・ヤコブにモーセにダビデにそしてイスラエルの民に愛を注がれあらゆる御業を持って恵まれた神は、今日もそのご性質を変えることはなく、同様にあなたを恵もうとされる神なのです。
この神を知りこの神を信じるということが信仰です。自分の状況がどのようなものであろうと、この神は変わることはありません。それが私たちの神です。
どうでしょうか?心の中にこの神への讃美がわき起こって来たでしょうか?
一緒に讃美を捧げましょう。
あなたの揺り動かされていた心は錨に繋ぎ止められ、平安があなたを包むでしょう。もうあなたを覆っていた嵐は神によってあなたとは何の関係もないものとなっていることを知るでしょう。そうです。その讃美されるべき神があなたを愛しあなたを包んでいるのですから…。

《続き 詩篇 57:8-11》私のたましいよ。目をさませ。十弦の琴よ。立琴よ、目をさませ。私は暁を呼びさましたい。
主よ。私は国々の民の中にあって、あなたに感謝し、国民の中にあって、あなたにほめ歌を歌いましょう。
あなたの恵みは大きく、天にまで及び、あなたのまことは雲にまで及ぶからです。
神よ。あなたが、天であがめられ、あなたの栄光が、全世界であがめられますように。

主を讃えます。私が私の目の前のことに心奪われ、捕えられてうつむく時は、私にはあなたが見えませんでした。しかし、あなたはいつも変わることなく全知全能、限りのない無限の神であり、変わることなく私を愛してくださる方でした。私はなぜあなたを忘れていたのでしょうか。わが神、主よ。これほど素晴らしい方が、今私と共に生きていてくださっていることを。私はあなたがこれほどまでにあなたご自身に目を向けることを待ち望んでおられたことを知りませんでした。ごめんさい。主よ。今あなたを見上げ心からあなたを讃美いたします。尽きせない言葉をもって讃美します。私の心はあなたのもの、私の全てはあなたのもの、全てはあなたの御手の中にあります。全能の主よ。あなたの御手の中にある私には、もう私の前にあった全てのことは過ぎ去った嵐、全てはあなたのご栄光となりました。全ては死からよみがえったのです。今主の御業と祝福を受け取ります。あなたのなされた全てを感謝します。主よ。あなたが共に生きてここにおられることを感謝します。感謝します。


『一発逆転』人生塾
(Mobile OK)
http://119.go2.jp
http://4649.com/119119

今日のかて
http://j119.go2.jp
プロフィール
Taka♪

新橋駅前広場にて、人生の真実を叫び続ける伝道者、ストリートメッセンジャーのTaka♪です。
Taka♪Profile

ホームページ
『一発逆転』人生塾
http://119.go2.jp

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ